エルメスといえば馬具ですよね!?

エルメスは、1837年、ティエリー・エルメスが高級馬具を製作する工房をパリ9区に開くことから始まります。
1892年には、サドル・バッグ(馬の鞍を収めるカバン)として「オータクロア」を制作。これが後のバーキンにつながります。
その後エルメスは世界的な馬車商へと発展。馬具の需要縮小を予見し、婦人バッグや財布などの皮革製品を開発しました。

というような、ことは、どこかで記事を読んだことがあると思います。

では、では本題です。

高級馬具製作から始めたという「エルメスの鞍」は見たことがありますか?

ある機会で、私がネットオークションに出品することになりました。

使用されている皮の質感が素晴らしく「エルメス」です。
柔らかくて馬にも負担が少なそうです。

馬のお腹にかけるベルトの穴には、番号が刻印されており、場所を特定しやすくなっているとこなど細部にも感動です。

バーキンは、このサドル・バッグ(鞍を入れるバッグ)から生まれたのですよね。

エルメスの馬具に触れる機会は、まさしく歴史の証言者に触れる一瞬でした。何かの時に自慢話ができそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です