マイセン/ブランドの底力

マイセンのロゴに、白で二本線(スクラッチ)が入ったものがあります。1815年~1980年の間に使われた二級品を示すものです。

一般的には…です。

自社の製品の品質にこだわること=BRAND力ですね。内部のものしか解らないが、製品に刻みを入れ品質を管理するのはさすがです。

他に3本、4本のスクラッチが入ったものがあります。これはそれぞれ三級品、四級品ということではありません。どちらも「等外」で、マイセンの製品に値しないということだと言われています。

1本線が剣にかぶらず、側に描かれているものもあります。これはマイセン磁器に第三者が絵付けをしたものまたは、1点ものとして、マイセンが絵付けしたものであり、…複雑です。

正式には、マイセン側からは、なにもコメントは無いようです。

マイセンの二級品は、もちろん素人では判断つかないレベルの物ですので、個人的に所有するのには問題ありません。投機目的であれば、注意したほうが良いです。

上の写真はソーサー、カップとのセット品で、ヤフオクで70〜100万円の落札価格になるものでした。それでも新品の半額以下のレベルで手に入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です