BMWシンボルマークの嘘・ほんと!

自動車メーカーのBMWのシンボルマークは、航空機メーカーを前身としていることから、プロペラをイメージしていると一般的には言われています。

https://www.bmw.com/ja/automotive-life/bmw-logo-meaning-history1.html

実は異なるようですよ!

長い間、プロペラか否かは議論されてきましたが、BMWは戦略的見地から明確にしなかったようです。詳しくはBMWのホームページでご確認ください。

90年もの間繰り返し語られてきたこの解釈が、やがて都市伝説としてある程度正当化される時代になったと判断したようです。

私は、地元バイエルンカラー説を信じていました!

昔二輪のBMWに乗っていた時代があり、4輪になってもBMWマニアでした。記事を読むだけで「外からみる」のと、所有して「中から触れる」のでは、まったく違った情報が入ってきます。

BMWはこの伝説を多く持ちます。

アラビアのロレンスが乗ってた時代のBMWのバイクは「壁に正面衝突しても、フロントフォークが曲がらずにいた」この真意は不明ですが、BMWのバイクに乗った経験者だと解る気がします。

工業製品は、量産されることで存在していますが、それぞれに異なる物語があります。所有者との関連で生まれる物語、社会との関連で生まれる物語。あなたの所有物にも、時折声をかけていたわり、人生を共に生きている伴侶として扱ってみてください。きっと良いお返しをもらえるはずです。

勿論、別れの時もあります。

そんな時は、「松風ヴィンテージ」に声をかけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です